FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽」参加者募集!

国際森林年

【国際森林年国内委員会事務局特別協力】
森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽
~森の話を聞き、千年の森・裏木曽の森を歩きましょう~


■2011年は「国際森林年」 日本のテーマは“森を歩く”
世界中の森林の持続可能な経営と保全の重要性を
広く認識してもらうことを目的として、各国で様々な取り組みが
展開されています。

■経緯
「森林と市民を結ぶ全国の集い」は、市民参加の森林づくりを
進めていくために、森林ボランティア活動のステップアップや
ネットワークづくりを目的として、主に都市圏で
毎年開催されてきましたが、地域をクローズアップし、
まさに“森を歩こう”と、日本有数の森が残る裏木曽の地で
開催することになりました。

■開催地の想い
岐阜県と長野県の境に位置する裏木曽には、
木曽ひのき備林(旧神宮備林)があり、伊勢神宮や
名古屋城本丸御殿復元など歴史的な木造建造物の用材として
用いられる大径材が残されています。

当地では平成16年に故・立松和平氏が提唱された
「古事の森」活動に賛同し、裏木曽古事の森育成協議会を組織し、
超長期にわたる森林づくり活動に取り組んでいます。

裏木曽の山々の歴史や地域に根付いている山村文化などから
多くのことを学び、流域、そして全国の方々と交流の場を
広げていくことによって、裏木曽の自然や歴史を日本の宝ものとして
価値を高めていければと願っています。

■日にち  2011年 6月4日(土)~5日(日)

■会 場  岐阜県中津川市付知町アートピア付知

■主 催  森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽実行委員会
      社団法人 国土緑化推進機構

■特別協力 国際森林年国内委員会事務局

■スケジュール
<6月4日(土)>
13:30~ オープニング

14:00~ 鼎談 「流域連携による森づくり(仮題)」 
 ・松原 武久 さん(中京大学客員教授・元名古屋市長)
 ・草野 満代 さん(フリーアナウンサー・国際森林年国内委員)
 ・飯尾  歩 さん(中日新聞社論説委員)

15:15~  分科会
 ・「裏木曽の歴史」山村研究会 杉村啓治
 ・「杣の仕事」つけち創工社  牧野義則
        加子母森林組合 内木篤志 
 ・「山の食文化」立教大学教授 野中健一

17:00~  持ち込み企画 東日本大震災復興支援レポート他

18:00~  交流会 郷土芸能「木遣り音頭」「おんぽい節」

<6月5日(日)>
09:00~  エクスカーション「千年の森・裏木曽の森を歩こう」
 加子母裏木曽国有林「木曽ひのき備林」を見学します。
 定員120名 事前申し込みが必要です。
 専用のマイクロバスで移動します。一般車は入ることができません。

詳細については下記をご覧下さい。
http://www.urakiso.net/

主催:森林と市民を結ぶ全国の集いin裏木曽実行委員会・社団法人 国土緑化推進機構

スポンサーサイト

テーマ : 環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

シンポジウム“生物多様性と森づくり”で、報告書を実費頒布します。

「森林と市民を結ぶ全国の集い2009
 ~今、あらためて問う”森林”の価値~」
の報告書を、下記のイベントで実費頒布します。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


■市民のための総合森林学講座
 「シンポジウム“生物多様性と森づくり”」

http://plaza.geic.or.jp/event/event_syo.php3?serial=21467


 本年10月に開催されるCOP10に向けて、”生物多様性”の必要性が強く叫ばれる中、人為的な関わりの深い”森づくり”はどう関わっていけば良いのか、疑問や不安に感じる方も多いことと思います。

 そこで、市民のための総合森林学講座として、“生物多様性と森づくり”をテーマとしたシンポジウムを開催することとなりました。

 多くの皆さんの参加をお待ちしておりますので、ぜひご予定の程よろしくお願いいたします。


【日時】 2010年6月27日(日) 13時30分~17時00分 (受付:13時00分より)

【会場】 大学生協会館 B1F 「会議室」
(東京都杉並区和田3-30-22/東京メトロ・丸ノ内線「東高円寺」駅より徒歩10分)
http://www.univcoop.or.jp/about/map.html

【参加費】 1,000円
(ただし、森づくりフォーラム並びにJUON(樹恩)NETWORK会員は無料)
※参加費は当日受付時に徴収します。
  終了後、希望者による懇親会も予定しています。(3,000円程度)

【対象】 関心のある方ならどなたでも

【定員】 150名(事前申込みによる先着順)
※定員に達した後に申込みいただいた方には、その旨ご連絡いたします。
  申込み後に連絡がない場合は、定員内とご理解ください。

【申込方法】 以下のホームページよりお申し込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=548417


【プログラム(予定)】
13:00~13:30
 受 付

13:30~13:40
 開会挨拶:
  内山 節 氏
 (哲学者/NPO法人森づくりフォーラム 代表理事)

13:40~14:30
 基調講演:
 「(仮題)生物多様性と森づくり」
  藤森 隆郎 氏
 ((社)日本森林技術協会 技術指導役/元・森林総合研究所 森林環境部長)

14:30~15:00
 事例紹介:
 「(仮題)森林のCO2認定・生物多様性認定証(フォレストック認定制度)」
  速水  亨 氏
 (速水林業 代表/(社)日本林業経営者協会 会長)

15:00~15:15
 休憩

15:15~16:45
 鼎談(ていだん):
 「市民と生物多様性と森づくり」
  内山  節 氏、藤森 隆郎 氏、速水  亨氏

16:45~17:00
 閉会挨拶:
  鹿住 貴之 氏(NPO法人JUON(樹恩)NETWORK 事務局長)

18:00~20:00頃
 懇親会(希望者のみ)


【主催】 NPO法人森づくりフォーラム
http://www.moridukuri.jp/

【協力】 NPO法人JUON(樹恩)NETWORK
http://juon.univcoop.or.jp/

【問合せ】
NPO法人森づくりフォーラム
事務局(シンポジウム担当)
 TEL: 03-3868-9535
 FAX: 03-3868-9536
 http://www.moridukuri.jp/


<参考ホームページ>
・COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)
http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/
・環境省「生物多様性 -Biodiversity-」
http://www.biodic.go.jp/biodiversity/
・森林のCO2認定・生物多様性認定証(フォレストック認定制度)
http://www.rinkeikyo.jp/no13.html

テーマ : 環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

報告書が完成しました。

報告書


「森林と市民を結ぶ全国の集い2009
 ~今、あらためて問う”森林”の価値~」
の報告書が完成しました。

森林に関わる市民の皆さんにとって、
原点を見直すきっかけとなると思い
ます。

お世話になった皆さま並びに事前に
お申込みいただいた皆さまには、
早速お送りいたしましたので、
ぜひご一読いただければ幸いです。

報告書をご覧になりたい方には、
実費として1,000円/冊+送料
で頒布させていただきます。
(報告書とともに、郵便局の払込用紙を
 同封いたします。)

ご希望の方は、以下の必要事項を申込み先
までFAXもしくはE-mailにてご連絡ください。
 ・件名:全国の集い2009報告書希望
 ・希望部数
 ・郵便番号
 ・住所
 ・氏名
 ・電話
 ・E-mail

【申込み先】
(特)森づくりフォーラム
 <森林と市民を結ぶ全国の集い2009実行委員会 事務局>
 FAX: 03-3868-9536
 E-mail: tsudoi@moridukuri.jp
 ※@は半角にしてご利用ください。

テーマ : 環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

シンポジウム(報告)

【シンポジウム(報告)】

タイトル


~あらためて森林の価値とは 原点に戻り問い直す~

 「森林と市民を結ぶ全国の集い2009」(主催:同実行委員会、(社)国土緑化推進機構)が2009年12月5~6日、「今あらためて問う“森の価値”」をメインテーマに、東京都豊島区の立教大池袋キャンパスで開かれた。

 森林をめぐる状況はさらに深刻さを増し、市民の森づくりもステップアップが求められている。14回目を迎えた全国の集いは、両日とも200人余りが参加。原点へ立ち戻って議論を深め、森づくりの明日を探った。


▽揺れ動いた森林の価値
 1日目のプログラムは午後1時に始まり、まず内山節実行委員長が開会の挨拶をした。「出発点は、森の価値を社会に訴えるのが中心だった。(訴えが)浸透すると同時に林業の危機、生物多様性やCO2の問題が大きくなってきた。森林の価値も社会の中で揺れ動いてきたといえる」と、テーマ設定の趣旨を解説。「これからどういう考え方に基づいて森林とつき合っていくのか、問い直せる場になれば」と今回の集いの位置付けを語った。
 また原則として毎年、各地域をめぐる形で開いてきた全国の集いを2年に1回は東京で、間の年は各地で開催するという新しい方針を説明。「来年あるいは3年後はうちでやりたいという希望を連絡いただければ。そういうことも含め全国の集いを作り直していきたい」と話した。

内山さん


▽何をすべきか発信の場に
 (社)国土緑化推進機構の梶谷辰哉専務理事は、国民参加の森づくりが提唱され20年余りになり、市民や企業の取り組みが大きく増えたことを紹介。「一方で森林の状況は相も変わらず手入れ不足。市民、ボランティアの役割が期待されてきている」とし「一歩進んで社会的な問題を解決するには、異分野や行政との連携が必要になってくる。そういう流れの中で、新たな第一歩を踏み出し、われわれは何をすべきか世の中に発信していく場にしたい」と会場へ呼び掛けた。


▽情報の共有を
 全国森林組合連合会、(社)全国林業改良普及協会、(社)全国森林レクリエーション協会などから来賓が出席。林野庁の津元光森林整備部長は、林業の再生へ向け路網整備やフォレスターの育成などに取り組んでいると説明し「官民が森づくりを支援していく体制を整えたい。一つ一つの団体が抱える知恵や悩みがあり、情報を共有していくことは重要。今日、明日が一段高い森づくりボランティアの原点になるようお願いしたい」と話した。


▽市民の視点で森の価値を
 内山さんが問題提起

 続くシンポジウムは、まず内山節さんが問題提起した。
 「あまり整理がつかない状態なのだが、話させていただきたい」と切り出した内山さんは「森林ボランティア団体を管理するのではなく、応援できることは応援するというスタンスで長らく来た」林野庁と良好な関係を築いた市民の側は「林野庁が言ったことをそのまま継承し、森の価値を提起する努力を怠ってきたのではないか」と指摘。「活動している市民の視点で、森の価値を提起できる関係になってもいいのではないか」と語って、森林の価値を考える視点を順番に挙げていった。

 安藤広重が描いた版画から見て取れる江戸時代の山と、里山の利用。住んでいる群馬県上野村も80%が給与所得者という実情。「給与所得の村の人にとっての森の価値という視点もある」と述べた。

 一転し「森だけを考えていて充分だったのだろうか。森の下を川が流れ、田畑があり、町があり、最終的には海の生態系がある。これを一体的に見てこそ、森の価値ではないか」と考察。比較的短伐期で焼き下駄材料のスギ材を生産してきた福岡・日田の林業を取り上げ「30年、40年生が密に植わっていて、あまりいい森には見えない。しかし日田の林業のあり方からすれば良い森。吉野では100年生の森があって、いかにも良い森に見えるが、全国でやれるわけでもない」と指摘した。

 さらに間伐の問題を「放置したらどうなるのか。最終的には自然淘汰によって、本数は自然の定まるところに落ち着く。しかしその時間が膨大にかかることは間違いない。そういう意味で間伐は、自然淘汰を人間の力で100年の単位でやってあげるということ」と整理。「里山でいえば、手入れしなければ間違いなく自然淘汰がおこる。大きなケヤキやコナラが立って、森としてはいい森になる。でも里山的な景観ではなくなる」と述べ、あらためて「良い森とは何か、かつてははっきりしていた。ここからは柴を刈る、ここからは草を刈る。あとは多少建築材を取りたい。日田の森も出てくる木は秋田杉に比べればいい木ではないが、そこでは価値があった。いい森、いい木は地域によって、時代によって変わる」と語ったところで、全く違う切り口を持ち出した。

 久々に訪ねた日光、山岳信仰の調査で行った立山連峰で見た「観光客の半分弱が日本人ではなかった」光景を紹介。「日本の自然そのものがアジアの人達、欧米の人達にとって価値ある存在になってきている。これも日本人にとっては初めてのこと。外国の人から見た森の価値を考えなければいけないようでもあり、あくまで地域の人達の森として見ていくべきで世界の人達に合わせる必要はないというのも一つの考え方。ただ、それを議論せざるを得ないのは確か」という考えを示した。

 そして「林業と農業は組みあわせやすい業だった」と話題を転換、再び山村の視点を取り上げた。給与所得者が多くなって①行事などは土日にやらねばならず、山仕事の時間が取れない②家業を継ぐということがなくなった結果、森林や田畑を受け継いでいく意識も薄れた―という実態を紹介し「長期にわたって必要なものをきちっと地域でやってくれといわれても、受けとめられない。農山村はどのように変わってきて、どうつかみ直せばいいのか考えなければいけない」と訴えた。

 最後に「今日、明日で結論が出るとは思わないが、いろんなことを考え、議論を深めながら、森林の価値をどのようにつかみ直していくか、私たちから提案していきたい。林野庁だけでなく地域、自治体にも提案することで対等なよい関係を築いていきたい」と締めくくった。

会場風景



▽わたしたちは何を目指すか
 パネルディスカッション

 パネルディスカッションはコーディネーターが山本信次さん(岩手大准教授)、パネリストに澁澤寿一さん((特)樹木・環境ネットワーク協会)辻一幸さん(山梨県早川町長)寺川裕子さん((特)里山倶楽部)をお迎えした。
 主なやり取りは次の通り。(以下、敬称略)

山本:
 森林ボランティアは森にこだわってきたが、視野を広げることが必要。江戸時代以来、林野面積は変わっていないが野の面積は小さくなっている。絶滅危惧種の70%が野にいる。森林整備が進むほど生息地は狭まっている。

澁澤:
 「一次産業の知恵」が急速に衰えているのにがく然とし「森の聞き書き甲子園」を始めた。この取り組みで一番変わったのが高校生。甲子園を終えた高校生の半分は自然と関わる活動へ。地域での活動も始まっている。

辻:
 現場の地元という立場で問題を話し合いたい。森や林業と関わって、初めて山村の価値はあるが、過疎と高齢化で働き手がいなくなり、もう山村は森とともに生きていけない。国民的な問題として取り上げないと。力を貸していただきたい。

寺川:
 「好きなことして、そこそこ儲けて、いい山をつくる」がコンセプト。NPO法人化から「そこそこ儲けて」を意識し始め、里山商品の開発、薪を使ったコジェネシステムの研究も。いい里山とは何か模索中。

山本:
 ①いい森とは②山村で生きていくためにどうすればいいか③ボランティアはその一部を担えるか。誰が何をどこまで出来るか―の3つに論点を整理したい。

パネルディスカッション2


○いい森とは

寺川:
 答は出ていない。現時点でぱっと言えるのは生産物をしっかり出せ、生活の糧につながっていける山。

辻:
 手入れが行き届き、生き生きしている森。そういった森は私たちに語りかけてくれる。

澁澤:
 秋田に天保の大飢饉でも餓死者がなかった集落がある。共有林を年に1カ所ずつ伐り循環型で利用し、衣食住すべて山にあって田畑がなくても生きていけた。木だけじゃなく、生き物すべてバランスいい森。それで初めて生産力が上がってくる。


○山村で生きていくには

山本:
 そこそこ儲けてを実現できるのはなぜ?

寺川:
 みんな山で食べていきたいと思っているから。森の恵みをどこから取るか、その術をメンバーが見つけてきた。

辻:
 儲けてるというのは森を活かしているということ。素晴らしい。昔はみんなそうしていた。

山本:
 山村はなぜ食えなくなったのだろう。

澁澤:
 チェーンソー、刈払い機とかが入ったころから変わってきた。生活の質の向上といわれるが、今はすべて貨幣経済に翻訳してしまう。昔の暮らしは仮に給与がゼロになっても生活のベースは自給出来た。

山本:
 いろんな森にいろんな生物がいて、山で飯が食えた。そういう暮らしが経済にのみ込まれていく時に何が起きたのか。住宅事情のため山の木を伐ってスギ、ヒノキを植えた。やってしまったオトシマエをどうつけていくかも含めて考える必要がある。山村で暮らすとは?どんなことが求められているのか。

辻:
 森に価値を感じてくれる人、山村を応援してくれる人が増えてくれること。森を生き返らせる予算投入も必要。Uターン、Iターンの人が森と関われるようにならないといけない。企業の森を実施し、東京都の品川区民の森として活動している。連携しながら山村を守っていくことが大事。


○誰が何をできるか

寺川:
 山主さん自身が山の価値を見出しかねている。ただ愛着はある。誰がその価値を考えていくか。山主さんであり、一緒に活動している私たちだったり。それぞれが得たい価値を考え、値段をつけていくことが第一歩。

澁澤:
 山村に人が住めるかどうかがポイント。高知の土佐の森救援隊は、農家林家が山の木を軽トラに積んで帰ってきて売る。小さいビジネスはお金だけでなくコミュニケーションをつくるという利点もある。

辻:
 林業に携わって山に入りたいという人は多いが、暮らし続けられるか?子供が出来て教育が必要になった時に住み続けられるか?ボランティアで応援してくれるのはうれしいが、NPOになったり、山村で食っていけるようにならないと森はよみがえらない。林業経営も根本的に考える必要がある。

山本:
 農業や林業を多様化させると同時に、地域としての生業が必要。アメリカの農家の所得のうち補助金は6割。日本は3割。森とともに暮らしてくれる人の生活を皆で支えていく事も必要となるのではないか。


パネルディスカッション1


シンポジウム以降の内容は次のとおり。

■持込み企画(風景)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-42.html

■交流会(風景)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-41.html

■第1分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-40.html

■第2分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-39.html

■第3分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-38.html

■第4分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-37.html

■第5分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-36.html

■第6分科会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-35.html

■全体会(報告)
http://14tsudoi.blog99.fc2.com/blog-entry-34.html

テーマ : 環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

持込み企画(風景)

【持込み企画(風景)】

 シンポジウムの後は、参加者の持ち込み企画の時間です。

 4つの会場で6つの企画があり、それぞれ20~40人程度が参加。興味深い事例発表や討議があり、1時間半じゃ足りなかったかなと思わせる盛り上がりました。

 持込み企画の様子は次の通りです。


▽「パプアニューギニアの熱帯雨林と私たちの暮らし」
 (パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会)
パプアニューギニアの熱帯雨林


▽「アマゾン熱帯林から学ぶ森づくり、人づくり」
 (日本ブラジルかけ橋の会)
アマゾンの熱帯林


▽「NPO法人への造林補助を考える」
 ((特)森づくりフォーラム、(特)里山倶楽部 ほか)
NPO法人への造林補助を考える


▽「海の森 ―協働による森づくり」
 (東京都 港湾局 臨海開発部 海上公園課)
海の森


▽「山林を教育の場に ―自由学園の労作教育」
 (学校法人自由学園)
自由学園


▽「映画『こつなぎ』と現代における入会権のあり方」
 (「こつなぎ」上映実行委員会)
「こつなぎ」上映実行委員会

テーマ : 環境
ジャンル : 福祉・ボランティア

カテゴリ
プロフィール

14thtsudoi

Author:14thtsudoi
「森林と市民を結ぶ全国の集い2009」の公式ブログです。

☆事務局☆
(特)森づくりフォーラム 内
Tel.03-3868-9535
Fax.03-3868-9536
tsudoi@moridukuri.jp
※@は半角にしてご利用ください。

FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。